最新情報案内

便器の疑問(続き)

2017年05月06日

Web講習(続き)
『トイレ掃除革命』ドリル・グラインダーで磨く

便器は表面に釉薬を塗布して1200度で焼いたものです。
表面は親水コーティングされています。便器全体に水が流れるようにということです。
コーティングには撥水コーティングもあります。撥水コーティングは水が表面張力して、玉になります。
例えば、小便器で撥水コーティングを施せば、小便器全体を水が流れなくなります。
これは、排泄された小便の全部が水で流せないということです。
リニューアルや洗剤で便器を撥水コーティングするものがありますがご注意ください。
大切なことなので繰り返しますが、便器は親水コーティングでできています。
星野延幸
下の写真が撥水コーティングされたものです。
吐水口から出た水が広がらずに水の筋が狭くなっています。
汚れを全部流さないということです。

撥水コーティング

上記写真は、公衆トイレで施工された実際のものです。

詳しく知りたいという方は、下記に質問してください。
問い合わせメール hoshino@a-amenity.jp
問い合わせ電話 027-253-5325
問い合わせFAX  027-253-4122