最新情報案内

小便器磨き

2017年01月04日


小便器磨き
建築後長期間の使用で小便器表面に附着した水垢の筋。(青や黒く見えるもの)
水垢は水道水中に含まれるシリカで便器表面のガラス質と同じ性質のもので、附着が進行すると取り除きにくくなります。水垢の附着は水洗便器では必ずおこることです。
当社では、特別に開発した磨き材でその水垢を簡単に除去しています。(特許工法)
便器表面をできるだけ傷つけないでピカピカにしたいそんな思いから開発された磨き方です。

他の磨き方として、耐水サンドペーパーやダイヤモンドペーパーやサンドメッシュなどを用いる方法があります。これらの磨き方では、汚れを元から除く事は難しく、表面に大きな傷をつけることになります。便器の表面はできるだけ凹凸のないように作られています。しかし、水垢は凹の部分に付きます。そのために、当社の開発した弾力のある磨き材が、凹の部分の水垢を取り除くのに優れています。耐水サンドペーパーやダイヤモンドペーパーやサンドメッシュなどを用いる方法では、凸の部分を削り傷付けてしまいます。